2012年04月26日

DVD備忘録

久々にTUTAYAに行ったら旧作が全部100円になっていた。
わお。
気分的にコメディーの棚から選ぶ。

『スリーメン&ベイビー』
初見。
スリーメンのバタバタ育児が和みます。
娯楽作。



『天使にラブソングを2』
何年振りだろ?これは洋画劇場か何かで。
コーラスが最高。
ウーピーがイカス。




『素敵な人生のはじめ方』
コメディー?
モーガンフリーマン演じる落ち目の映画スターが街中で誰にでもフレンドリーに話しかける様子が、いつもへらへらと誰にでも話しかける父とかぶってちょっとうっとうしいのだけれど、ストーリーはかなりハートフル。
最後のセリフ。
「人生をあきらめない、ここからがスタート」
ちょっとシンクロニシティーでした(笑)


posted by あまがえる at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

その後

またあっという間にひと月が経ってしまいました。

あれから。
この先の人生のAプラン、Bプラン、Cプランを立てた私。

今年一年を新しい人生の準備期間と定め、一人でも生きてゆかれるための資格取得、就職を目指すことにしたことがまず第一。
そのうえで
【プランA】
私の稼いだお金はすべて貯蓄に回し、夫と別れる場合に備える。
【プランB】
夫と別れないでこのままゆける場合、私の稼いだお金はすべて貯蓄に回し、老後に備える。
【プランC】
私の稼いだお金はすべて貯蓄に回し、夫と別れず夫の職場がぽしゃった場合(可能性が大いにある)その貯蓄を使い二人で小さな店をやる。

とまあ、こんな感じでいくつかの選択肢を具体的に考えたらなんだかいろいろなことが吹っ切れてしまって。
そうこうするうちに最近なんとなく夫のカンジがいいなあなんて思っていたら、先日行ったカウンセリングで先生曰く
「奥さんが優しくなって気持ちが楽になったと、そして親子3人の普通の生活に幸せを感じられそうになったと、旦那さんが言っていましたよ。とてもいい方向に進んでいますよ。」と。

こう書くとどれだけ私の態度が悪かったのかと思われるかもしれないが、10年以上にわたり同じことで何度も何度も夫に裏切られ続け、ここにきてようやくいいかげん夫のことを全く信じられなくなり、それなのに「信じてくれないのが嫌だ」とか「別れてみたい」とか言われ、そりゃあもう上を向いて歩いてなんていられませんよオレってカンジだったわけです。

でも、そんなこんなも吹っ切れてしまったらどうでもよくなり、夫がこの先どうなってもそれは2次的なことでその時に最適なプランで動けばいいのだと思ったら、私の眉間のシワも薄くなり夫にも少し優しく接することができるようになったのかもしれない。

いやはや。

人の気持ちというものは、本当に一筋縄ではいかないことです。
そして、人はどんな単位で動いていても、自分一人の足で立っていられることがとても大切なんだなあ。

そんなことを思いました。

今日は資格取得のための講座のカウンセリングに行ってきました。
posted by あまがえる at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。