2012年11月28日

本備忘録

『赤い長靴』江國香織 ★★★★☆
『これでよろしくて?』川上弘美 ★★★★☆

期せずして立て続けに結婚生活にまつわる小説を2作。
久しぶりの川上作品はコミカルでつるつるつるっと読んでしまう。
江國作品は・・・夫婦の互いに理解できなさ加減に、ぐっと引き込まれてしまう。
そう、夫を理解しているつもりでいたのは本当にただの幻想だった。それが嫌というほど分かってしまっている今の私は、主人公の日和子の気持ちがかなり手に取るように理解できるのだ。
***
自分は逍三に、いつまでたっても慣れることがない。それは愉快なことに思えた。愉快で幸福な、かなしくて身軽なことに。
***

私は全然愉快でも幸福でもないけど。





『さいはての島へ ゲド戦記V』ル・グウィン ★★★★☆
静かに自分の中に潜ってゆくような物語でした。
訳者あとがきより
***
『ゲド戦記』3巻は、わたくしたちがわたくしたちの”予言”を実現異様として戦わねばならない数々の戦いを、具体的に、けれど、高い象徴性を持って描き出してくれました。わたくしたちの内なる光と影の問題も、自由と隷属の問題も、生と死の問題も、人類にとって、そして、わたくしたちひとりびとりにとって、新しくて古く、古くて新しい問題といえます。こんな永遠の問題を、子どもから大人までのすべての人々に読めるこのような空想叙事詩に見事にとらえて描き出したル・グウィンには脱帽のほかありません。
***
***
(本文より)
わしは老いて、為すべきことをすでに為し終え、今や、己の死と、隠れようもなく、向かい合って立っている。わしにとって、全ては終わろうとしている。ここにいたって、わしにはわかるのだ。本当に力と言えるもので、持つに値するものは、たったひとつしかないことが。それは、何かを獲得する力ではなくて、受け入れる力だ。」
***



『辺境の王者 グイン・サーガ5』栗本薫 ★★★☆☆
あ〜もうあきちゃったよ〜。
だらだらと華美な装飾をしなければ、これ、1/3くらいの量で終わる話じゃね?
とりあえず、せっかく貸してくれた方への義理で、今回借りた20冊は読むつもりだが!

posted by あまがえる at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

リーダー講習会

23,24日と続けて朝9時から夕方5時近くまでボーイスカウトのリーダー講習会。
この講習を受けると、カブスカウトの班のお世話をするデンリーダーおよびどの隊かはわからないが副隊長になって子供たちの指導ができるらしい。
今マメが入っているカブスカウトは班に分かれて活動するのだが、その各班のお世話をする保護者のデンリーダーを一度はやらないと義理が立たなさそうなので、来年あたりやろうかと考えていてそのために。

座学はあまりの眠さに半分撃沈。
あとは、班に分かれて即興で寸劇を作り模擬キャンプファイヤーをやったり、ロープ結びの練習をしたり、3時間近く戸外で追跡ハイクをしたりの2日間でした。
いやあ、疲れた。

今週はこの講習で〆てとても忙しい1週間であったが、このまま年末まで楽しいこと、楽しくはないが身になること、学校行事、姑、父の古希祝、クリスマス、さまざま取り揃えて盛り沢山なまま突き進みます。
えいえいおー
posted by あまがえる at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

試験と中華街

押さえの試験が一つ終了。
よほどのヘマをしなければ受かると思うのだがどうだろう。(ちなみに、ヘマはよくする)

駅への道中中華街の門が見えたので、ランチをして帰ることにする。
中華街は過去3回ほど行ったが、美味しい店に当たったことがなく、それでも淡い期待を胸に、肉まんを食べながら人ごみの中そぞろ歩く。

あまりの店の多さにだんだん疲れてきて、もうなんでもいいやと飛び込んだ、店頭にゴチャゴチャこれでもかとTV取材の写真が貼られた「馬(まー)さんの店」。
http://www.ma-fam.com/

全然期待していなかったのだけれど、これが、五目麺の麺はシコシコ、小籠包の皮はもちもちジューシーでかなり美味しい!ザーサイとデザートに杏仁豆腐(これはあんまりおいしくない)がついて1000円ポッキリ。

うれしいな〜、横浜で暮らして13年近くになるが、これで中華街に少し親しみが持てるようになるかも。お粥も美味しそうなので今度はマメと一緒にチャレンジしてみたい。

美味しかったのでお土産に水餃子も購入。
これもまたうまし。

image-20121118221326.png

posted by あまがえる at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

メクリボン

先生が使っているのを見てハンズで探してきた必勝アイテム、シリコン製の指サック「メクリボン」
めくれます!めくれます!


image-20121114225656.png


posted by あまがえる at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

SNOW WHITE

夫が借りて来たのを、ご飯を食べながら三人で。

グリム童話誕生200周年「お伽話は終わった!今、新たなる白雪姫伝説が始まる!」
プリキュアしかり、女の子も戦う時代ですが、白雪姫まで〜。

映像は素晴らしいが、ストーリーも人物設定もペラっぺら。全てが中途半端なままに進み、そして終わる。
三部作の一昨目らしいが、あと二作作るのはお金と時間の無駄では?

やはりデズニーの白雪姫の愛らしさに一票ですな。




⇩即買い

image-20121113134456.png
反対側は魔女!

image-20121113134521.png

posted by あまがえる at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

ユニセフ募金

今日はカブスカウトの活動でユニセフ募金。
午前中がユニセフについて調べたことの発表と、午後が実際の募金活動。

木曜日の夕方から微熱が続いていて迷っていたのだけれど、今朝は鼻水は出ていても熱はなく、せっかくユニセフについて勉強もしたので行くことにする。

去年の募金活動の時も説明はしたが、黙って立っているだけでほとんど声を出さなかったマメ。
今年もそんなもんだろうとさほど期待もせず、まあ、体験させることに意義があるから〜なんて思っていたのだったけれど、始まってみたらマメは驚いたことに率先して大きな声で募金を呼びかけているではありませんか!

いや〜、本当に驚いた。
たった1年で子供はこんなに理解力がつき、成長するんですね〜。

募金は13万円も集まりました。
posted by あまがえる at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

某日

毛布を出し、マメにせがまれて朝の着替え用にストーブを出し、マフラーを巻いて家を出る。
リビングから眺める道路の桜は葉が茶色く色付き始めた。
今年はマメを連れて神宮のあの素晴らしい銀杏並木を見に行きたいと思っているのだけれど、スケジュール的に難しいだろうか。

@@
楽しい妄想の日々。
決して実現できないわけでもないその可能性を、手のひらの上で転がしてみるだけでも、50%くらい憂さが晴れる。

@@
少しずつCDをiPhoneに移して、朝晩聴いている。
朝お弁当を作りながら、夕飯を作りながら、とても好きだったことを思い出しながら聴いている。



posted by あまがえる at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

本備忘録

この間断捨離してブックオフに200冊くらい売ったのに、本屋をのぞくとついまた買ってしまう…。

『生きる悪知恵〜正しくないけど役に立つ60のヒント』西原理恵子 ★★★★★

画伯の人生指南。その人生観、確かに史上最強。
素晴らしいのは、人生にとって何が大切か、これ以上ないくらいはっきりしていること。
大切なものを見極め、必要のないものは捨てる。角が立たないようにあしらう。ウソも方便。
ものすごく勇気をもらいました〜



『こわれた腕輪 ゲド戦記U』ル=グウィン ★★★★★

小学校6年、中学以上とあるが、大人の鑑賞にも十分耐えうる奥行きのある深い物語。
Tで光と影を共にその内に取り込み、自然の摂理に通じた知恵深い魔法使いとなったゲドが、もう一人の主人公テナーを光のない闇と死の世界から導き出します。
***
(本文より)
彼女が今知り始めていたのは、自由の重さであった。自由は、それをになおうとする者にとって、実に重い荷物である。勝手の分からない大きな荷物である。それは決して、気楽なものではない。自由は与えられるものではなくて、選択すべきものであり、しかもその選択は、必ずしも容易なものではないのだ。坂道をのぼった先に光があることはわかっていても、重い荷を負った旅人は、ついにその坂道を登りきれずに終わるかもしれない。
***




『犬とハモニカ』江國香織 ★★★★★

本屋で平積みになっていた新刊が無性に読みたくなった。
江國さんの新刊を手に取るのはずいぶん久しぶり。
あの頃江國さんから離れたのは、まだ私が幻想の中にいたからなのだろう。
満ちていた潮が引いたときに残る静けさ。そこに残るもの。
それらがとても自然に私の中に入ってきて、ああ、私も江國さんのいるところに来てしまったんだなあとしみじみ思う。
あの頃受け入れられなかった江國作品をまた読み返したくなった。



『自由さは人を自由にする つれづれノート22』銀色夏生 ★★★★★

今回のつれづれ、久しぶりにとてもよかった。いっぱいドッグイヤー。
***
(本文より)
私が話したことは、いつも言っていること、「人はそのままで愛される価値がある」ということ。人は生まれ、まず自分以外のものになろうとする。そのために四苦八苦し、ついに自分にしかなれないと気付き、自分を肯定する。その時、他人も肯定できるようになるのだと思う。
***








posted by あまがえる at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

MIB3

1も2も観たけど、3が一番面白かった!
タイムトラベルもので、JとKの秘密が明らかに。しみじみ〜

posted by あまがえる at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

音楽のある暮らし

小学校の秋のフェスティバル、ようやく終わりました。
ほんとーに大変だったけれど、終わってみればたくさんのお母さんたちと顔見知りになれたし、子どもたちも楽しそうだったし、終わりよければすべてよしというわけで。

@@@@@

しつこいようですが、またまた、私がどれほど機会及びITが嫌いかという馬鹿馬鹿しい話で、すみません。
ミニコンポが壊れたあと小さなラジカセでお茶を濁し、そのラジカセが壊れてからはTV介してDVDでCDを聞いていたのだけれど、この一年くらいずっと、またラジカセにするか今度はIPodみたいなものにするか迷っていたのです。
今時IPODみたいなほうがいいに決まってるんだけど、何しろデータを落とし込んだりする作業を考えただけで、本当に嫌で嫌で仕方がなくってね、それでも1年がかりで重い腰をあげ、先日ビックカメラに行く用事のついでに、お兄さんをつかまえてIPODについて教えてもらったのですが、教えてもらっている途中でふと気が付いちゃったんです。

あれ、私、@Phon持ってね?

用事を終えた夫もやってきて、「いまさら何言ってんの?データなんてすぐ落とせるし、教えてやるから買っちゃえよ」と、その場で買っちゃいました。



いやはや、。
ほんと、今更でアップルには申し訳なんだけど、@Phon便利だね〜!

うれしくなって早速TSUTAYAでずっとほしかった徳永英明のボーカリスト、山口百恵ベスト、研ナオコベストを借りてきて今@Phonに入れたところ。
あと今一番気になっているのは、矢代亜紀のジャズアルバム。



20代前半以来ぶりに音楽のある生活が帰ってきました。
とてもうれしい。
posted by あまがえる at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。