2010年08月25日

小学校に向けて


マメが赤ん坊の頃から遊んでいた前の近所の友人たちが遊びに来る。
ずいぶん久しぶりに会うのだけれど、子どもたちは3人ともずっと仲良く遊んでいて親もゆっくりいろいろ話ができた。

うち一人は現在二人目産休中の現役の小学校教諭で、学童のことやら、マメのカツゼツのことやら、勉強のことやら、ここぞとばかりに色々教えてもらう。

学童は早く動いたからと言って確実に入れるわけではないのであまり心配しなくてもいいとのこと。小学校の入学説明会で間違いなく説明があるとのこと。あらかじめどんなところがあるか見ておくくらいはいいかも。

カツゼツに関しても、就学前検診の時に相談すればケースバイケースで必要があれば話し方教室を紹介してもらえるとのこと。
これまたすくい上げがあると分かればほっとする。

勉強のこと。
しまのアニキ(こどもちゃれんじ)の教材は早すぎるとのこと。
その子どもによってちょうどいい時期が必ずあるので、その時期に当れば一気に吸収するので学校の勉強を順にフォローしておくくらいで、あまり心配しなくてもいいとのこと。
彼女自身、ものすごく熱心な先生にも関わらず、息子に関してはまだひらがなもきちんと教えていないとのこと、それはまだ彼の期が熟していないからだと。
マメはといえば、ひらがなを読みたいという気持ちはあって、実際だいたい読めるようになっているし、書きたいという気持ちもずいぶん出てきているようなので、ようやく正しい書き順を教え始めたところ。
現在「た行」。
こどもちゃれんじのワークは半分くらいは分かるけれど、時計なんかはまるでちんぷんかんぷんで「大丈夫かしら〜」と思ってはいたが、ほとんど3月の早生まれだし、あせらなくてもいいかとこれまた安心。


私自身、自分のことで今は手一杯でそれどころではないというのが正直なところなのだけれど、それでも私なりの方針がるとすれば
「生きていることを楽しめるようになってほしい」
ということ。
人生を楽しむスキルというものがあるなら、それをできるだけ伸ばしてあげたいなあと思う。

そのために今やっているのは、一緒にいい映画を見たりDVDを見たり、レゴをやったり、これからはピアノをそろそろやらせようかと思っているのと、ガールスカウト(はじめはビーバータイ?)の申し込みの準備を始めたところ。

まあ、私がお勉強を教えるにはあまりにも根気がなさ過ぎて、自分も一緒に楽しめそうなことしかできないというのもあるのだけれど^^;。

それにしても、小学校の先生って噂通り親の対応が相当大変らしく。
先生のレベルもかなりまちまちらしく、いいセンセイに当たるかどうかはくじ引きみたいなもんなのかも〜。
彼女のような先生に当れば、塾だの余計な心配をしなくてもよくていいのになあ。

posted by あまがえる at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小学生になってしまうのね〜。われらのお子たち。
しかし、4月生まれと、早生まれはほんと違うねー。

こぐま(4月生まれ)は、
のんびりさんだけど、まだ4月生まれだから
救われてるよ。

ジェットは1月生まれだから、やっぱり何かと
同学年の子から見ると
「大丈夫かっ!」って感じ。

しまのアニキ(これ、笑える。)も、
こぐまの時は「かんたんー」とおもったが、
ジェットでは「全然できないんですけどー」だもん。

ちなみにしまじろうは、ちょうど半分の
9月生まれの子に合わせて作っているらしいよ。

ジェットもあと半年で幼稚園だが、
そもそも、リュックしょえるのか、不安・・・。
おむつは、はずす気全くなし。(私が。)
いいのかねぇ。(苦笑)
Posted by こぐま at 2010年08月28日 00:02
>こぐまちゃん

やほ!

ほんと、夏が終わったら春はすぐそこ?
来年の今頃は小学校の夏休みなんだなあ、学童どうするの???とちょっと焦ってみたりして。

目下の私の悩みは書いたとおりマメのお勉強をちゃんと見られないことで、おんなじところでつまづき続けてたりするとイライラしちゃうんだよね〜。
これじゃあお勉強嫌いにさせてしまう!だったらやらない方がましか?!なんてね。
こぐまちゃんの爪の垢をいただきたいワタシ。

しまのアニキは9月生まれあたりなのね〜、だったらできなくても当たり前か。

早生まれちゃんは小学校がなんとなく不安…。
なるようにしかならないとは思うんだけどね。
Posted by あまがえる at 2010年08月28日 14:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160522648
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。