2012年10月21日

タイカレー!

今日は今日とてボーイスカウトのバザー出店のお手伝い。
ぶひ〜(;´Д`Aあせあせ(飛び散る汗)

@@@@@@@

友達に教えてもらって近所のスーパーを探していた、いなばのタイカレーをようやく発見!


image-20121021202236.png

今日買ったスーパーでは108円だったんだけど、100円そこそことは思えない驚きの本格的な美味しさ

((((;゚Д゚)))))))!!
しっかり効いたスパイス、ココナツミルクのまろやかさ、チキンは柔らかく、辛さも程よくちょうどいい〜〜

更に私的にポイントが高いのはその大きさ。
125gは仕事を終えたあとの遅い昼ごはんにちょっと食べたい時に絶妙。

今日食べたのはイエロー、あとグリーンとレッドも買ってきますた(^ ^)
これはしばらくはまりそう。

次はグリーンだな。



posted by あまがえる at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

玉葱ドレッシング/筍ハンター/新型インフルエンザ

前回の続き。

店で一時ランチをやってた時に調べて作ってた玉ねぎドレッシング。
いろいろアレンジしてほぼオリジナルレシピですが、これが超優秀なのでご紹介。
 
 ・玉ねぎ半分
 ・酢1/3カップ
 ・油(お好みで何でも。オーソドックスなのはサラダ油)200t
 ・粒マスタード小さじ1
 ・レモン汁大さじ1
 ・塩小さじ1
 ・胡椒小さじ1
 ・しょうゆ大さじ1
 ・はちみつ大さじ1/2

以上を、バーミックスがあれば口広のビンに入れて、またはミキサーで混ぜるだけ。
これは普通にドレッシングとしてももちろんおいしいんだけど、肉や魚のソテーにソースとしてかけても。

この間エキストラバージンオリーブオイルで作ったら、使う前に瓶を振ってるうちになんか油がダマになっちゃったなー、失敗だったかなーと思ったんだけど、めだいをソテーしたフライパンに大量に買ってぐずぐずになっちゃったトマトを刻んで、ふと思いついてこのドレッシングを投入。
すると、ちょっとしたイタリアンレストランのお味になってびっくり!!バルサミコ系のソースっぽいカンジ。
これ、白身の魚やアジ、イワシ、鶏肉なんかでも絶対おいしいでしょう。
ちなみにポテサラの下味に使うのもグーです。
(ポテサラ、すぐにマヨネーズで和えるだけのもザ・家庭の味でおいしいんだけど、ゆでたてアツアツのジャガイモにフレンチドレッシングで下味をつけて半日から一日冷蔵庫で寝かすと、レストランのお味に。これは帝国ホテルシェフの総料理長をされていた村上信夫さんのエッセイに書いてあったかつてのプロの技。)


@@@@

マンション竹藪の今年の解禁イベントからこちら、せっせと7本ほどゲット。
筍ごはんに、牛肉と中華風炒め、若竹煮、そぼろあんかけと、堪能しました〜。

一度に4本ゲットした時は、初めの2本がすぐに見つかり簡単に抜けたので欲をかいて、豆にもう帰ろうと言われたのに「あと一本だけ〜」と竹藪を奥に進むと、並んで結構いいサイズの筍を2本発見。
発見したらもちろんどっちも掘るでしょう!と、ガシガシ掘り進めるも、一本は地下茎2本に挟まれた超難所筍、もう一本は単純にデカ過ぎてかなりの難物。
ひいひい言ってたら「だからまめ、やめたほうがいいよっていったじゃない」とクールに言われる。
ホント、お母さん欲張るからだよね〜orz。

でも、おいしかったからいいの。豆だって筍大好きだし。


@@@

鳥インフルエンザがかなり怖かったのでマスクは少しずつ買いだめしてあったのだけれど、そろそろ食料の備蓄もしておこう。
缶詰類、パスタ、レトルト、水、あといろいろ冷凍といったところか。
2週間分っていうけど、一ヶ月くらいは考えておくと安心かな。

今回のインフル、弱毒性とはいえ致死率は0.1〜1%くらいということで、通常のインフルの0.1〜0.2%よりはやや高め。
毎年普通のインフルエンザでも結構な数の方が亡くなっているらしく。
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/inf-rpd/index-rpd.html

新型インフルエンザのワクチンも有効な治療法も確立されていない今のような状況で、それでもゴールデンウィークだからって海外旅行に行く人が何万人って、ホント信じらんない。
自分が感染してどうにかなるのは勝手だが、帰国してもしそれを身の周りの人、抵抗力の弱い幼児やお年寄り、妊婦さんにでもうつして最悪死んでしまったりでもしたら、どうやって責任を取るつもりなんだろう。

みんな変な権利意識ばかり強いから制限もなかなかできないんだろうけど、それにしても。
現場の検疫官の方々など、どんな気持ちで帰国者を迎えることか。お気の毒なことです。

※『ほぼ日刊イトイ新聞』
インフルエンザ関連記事。これ役に立ちそう。
http://www.1101.com/deardoctors/index.html


posted by あまがえる at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

食に目覚める春

目覚めるも何も、14年主婦やってるんすけどね。
仕事で食についてせっせと調べている今日この頃、買い物に行くと裏の表示を今までよりも結構しっかり見るようになったんだけど、ホント、添加物多いのな〜。
添加物を完全に排除するなんて現実問題無理だし、何よりあんまり神経質になりすぎると精神衛生に非常によろしくないというわけで、そのへんはまあ、無理なくできる範囲でやっていこうという努力目標にとどめておくことにする。

できる限り食の安全を考えるなら、一番手っ取り早いのはできるだけ何でも自分で作ること。

というわけで、最近結構いろいろチャレンジしてますの。
まずは懸案だった玄米食へのチェンジ。ようやく。ぬか部分に残留農薬はたまりやすいということで、少々割高感はあるけれど大地の無農薬玄米をチョイス。主食くらいちょっと贅沢しても罰は当たるまい。
白米と違って研ぐの超ラクだし、一緒にあずきと少々の塩で炊くとそんなに食べずらくもないし、圧力釜でささっと炊けて全然楽チン。豆も普通に食べてます。
ちなみに主に参考にしたのは積読してあったコチラ。
『うちの玄米ごはん』高山なおみ



次、ぬか漬け。
冷蔵庫でカンタン!という配合済みの無添加ぬか床を買ってみたんだけど、よくよく見ると15回ほども漬けたら終わりと!!なんじゃそりゃ。
15回どころか、5回くらいつけるともう味がぼんやりしてきて、なんだかなあ、ぬか床って使い込めば使い込むほどおいしくなるってお約束じゃありませんでしたっけ?
本格的なぬか床に近日リベンジ予定。

西京漬け。
こちらは魚料理の頼もしい助っ人、こちらを参考に。
『本気でお魚料理』久田雅隆


間違えて白みそじゃなくていろいろ配合済みの西京みそを買ってきてしまったんだけど、レシピから想像して適当にやってみる。
おいしくできますた!
ちなみにやってみたのは、銀ダラと普通のタラ。(この時のタラで初めてアニサキスに遭遇!もしや!?と思い、ネットで映像探しちゃったよ!やっぱりアニーだったよ!せっかくだから飲食業の夫にも見せてあげたよ!)
今は鰆が旬。鰆の西京漬け。買ったら高いよ?

近々やってみたいのは、自家製ヒモノ。
ハエとか猫の攻撃を防ぐヒモノ網、あれ買ってな〜。
posted by あまがえる at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

新レシピ

おいしいレシピをご紹介。

【韓国風まぐろ漬け】
スーパーの試食で出てたのをちょっとアレンジ。
まぐろはメバチでもビンチョウでもなんでもだいジョブ。
@まぐろを適当に切って
Aごま油適当、焼肉のタレ適当、ごま、大葉(適当に細かく刻む)、刻みのり(韓国のりがあったらベター)、卵黄を混ぜる
以上。
レタスやサニーレタスをちぎったのに載せてサラダでもいいし、うちはこの間はご飯に載せて丼にしました。
辛くしてもおいしそうだね。
ご飯が進むよー

【何でも豆腐を入れる】
ハンバーグとか、シュウマイとか、メタボ対策。
肉の半量を豆腐にするだけなんだけど、カロリーも落ちるし、ふわっふわになっておいしい♪
ハンバーグの時はひき肉をしっかり練って卵を混ぜた後に入れるといいんじゃないかな。水切りは軽く、残った水分でつなぎのパン粉をふやかしちゃう。
シュウマイの時はしっかり水切りして。
posted by あまがえる at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

まぐろカマ

まぐろのカマってアラとして安く売っているけれど、えらの所で良く動かすのでコリコリとした歯ごたえのあるいいトロが取れるんです。
最近まぐろの解体ショウなんかをする回転寿司では「かまとろ」として結構いいお値段で出しているみたい。
赤身もできるだけ刺身にするんだけど、なにしろ入り組んだ所なのでたくさん身が残ります。今まではそのまま塩焼きにしたりしてたのを、そういえばと、スプーンで残りの身を掻き出し、本棚から『節約生活のススメ』をひっぱりだしてきてまぐろ餃子作ってみました。
ひき肉をまぐろに代えるだけであとは普通の餃子と一緒。
この間水餃子を作った残りの皮を使おうと思って冷蔵庫から出すとカビが生え始めていたので、同じページに出ている皮も作ってみる。結構簡単。

普通に酢醤油とポン酢でも食べてみるとどちらもグー。皮はもちもちと歯ごたえがあり、身もあっさりとしておいしかったです。



出したついでにぱらぱらと読み返しているんだけど、なんか毎日しみったれた気分になりそうで、やっぱりここまで徹底して節約はできないなー。
色々参考にはなるんだけどね。

※※※
リンクを張ったついでにレビューを眺めてびっくり。
山崎えり子の節約生活は全部うそだった?!
いや、でもここまで徹底して嘘を書けるっていうのも、ある意味すごいな。

http://d.hatena.ne.jp/teevaangze/20051126/1133015907

posted by あまがえる at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。