2009年10月02日

マメの絵本



『くまの子ウーフ』神沢利子 

もう絵本じゃないな。
マメと同い年の子供がいて小学校教諭をしている友人が「もうウーフ大丈夫だよ」と言っていたので早速私の児童書コーナーより引っ張り出す。
どしてぼうやウーフ、実はけっこう哲学的で、その辺はどこまで理解できているのかは分からないけれど、ホントだ、全然聞いてる。

うちは毎日寝る前が絵本タイムなのだけれど、だんだん長いお話を聞けるようになってきて、短い絵本でお茶を濁そうとすると
「もうおわり?」
とか言われるように。
お母さん眠いのよう。
(あまりに眠いと途中でうとうとしてしまうことがあり、そうすると無言で脇腹をつつかれる。うう)





『ピーターラビットのお話』ベアトリクス・ポター

子どもの頃図書館に行ってはいつも読んでいた手のひらサイズのピーターラビットの絵本。
ずいぶん前にBOOK−OFFで一冊100円の18巻セットを買ってあったのでした。
去年の夏くらいに試しに12巻の『「ジンジャートピクルズや」のおはなし』くらいまで読んでみたのだけれど、9巻「まちねずみジョニーのおはなし」辺りから一気にボリュームが増え、言い回しとかもちょっと難しくなってきたのでお休みしていました。

最近1時間やそこらのDVDも全然見てるし、長いお話も聞けるようになっているので再びチャレンジしてます。
これが最後まで行けたら、いよいよ「プー」も読めるかな。

※調べてみたら24巻まで出てるのね〜。買い足しておかなければ!



映画「ミス・ポター」
今度借りてこようかしらん。


posted by あまがえる at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

『トマトさん』田中 清代

ずーっと買おうか買うまいか逡巡していたトマトさん、だって、絵がね、ちょとものすごいんだもの。
この絵は小さな子供にとってどうなのかしら…という心配もすっかり杞憂に終わり、読んでみたら毎日毎日「トマトさん」と、かれこれ一週間リクエストされています。
トマトが豆の大好物だからなのか、それとも真夏のうだるような暑さとそんな中ひんやりとした水に入った時の気持ちよさをまざまざと思い起こさせる独特の言い回しや音の響きがいいからなのか。
どうせ買うなら、今年の猛暑の最中に買うべきだったと、それがかなり残念!

それにしてもトマトさん、私はどうしてもすっかり熟れて体のラインの崩れた気だるい中年女を思い浮かべてしまいます。



posted by あまがえる at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

豆の絵本

豆、長めの絵本を聞いていられるようになってきました。
最近のお気に入りは、ちょっと前には飽きちゃって聞いていられなかった『そらいろのたね』



ブックオフで見つけた
『ちいさなこぐまのちいさなボート』
これすっごく絵がきれいで、ボートに乗ってるこぐまが本当に気持ちよさそう。



『かばくん』
岸田衿子の独特の言葉遣いが癖になります。
これも絵がきれい。



『ぞうくんのさんぽ』
ずいぶん前にお試しで行ったリトミックで、たまたまこの絵本にメロディーをつけてたのをやってくれて、その歌を歌いながら読みます。
これも絵がすごく独特。




福音館書店の《こどものとも》傑作集は、やっぱりいいのが多いなあ。


posted by あまがえる at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。